太田市で四十肩、五十肩に悩まれている方へ

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

毎月更新!太田 整体 4コマ

あきらめないで!!その痛み・そのシビレ!

腕を上げると腕や肩が辛い方(四十肩、五十肩)へ


当院に来られる方々

・手を上げるのが辛い方
・手を伸ばすと痛みが走る方
・逆の肩を触るのが辛い方
・肘を後ろに引くのが辛い方
・背中に手を回すと辛い方


運転でハンドルを回すのが辛い・・・
何かする度に痛い・・・
この痛みいつまで続くの・・・
と不安を感じているあなたへ。

もし、病院で「石灰化していますね。」と言われた方は、病院で石灰(カルシウムの塊)を溶かす注射を打つのも有効だと思います。
しかし、それ以外の方は、『肩周辺の筋肉の緊張が原因』です。

体の横から肘が離れた姿勢をしていると、肩に負担を掛けます。
その姿勢で作業をし続けると、肩に痛みが出てきます。
更にかばって腕を動かしていると、別の筋肉が痛くなり、症状が悪化していきます。

四十肩、五十肩の症状が変わり辛いのは、
腕を動かすのに沢山の筋肉が影響している、
日常生活でよく腕を使う、
悪化し過ぎてから来られる、
からです。

当院に来られている方も肩周辺の筋肉の弾力性が戻り、
肩を動かすのが楽になったという方も多いです。

湿布や病院のリハビリ、ヒアルロン酸の注射で症状が変わらない方は、当院の喜びの声を見て下さい。

『施術』と『体操』と『日常生活の改善』により、
症状が楽になったという方は多いです。

来院者さんの『笑顔』と『喜びの声』が信頼の証です!

 

喜びの声

星野さん

田中さん

福田さん

※ 当施術の効果には、個人差があります。

喜びの声

あきらめないで!!その痛み・そのシビレ!

楽になる5つの理由

理由① 腕の捻じれにアプローチ!

整体 イラスト:体のゆがみ


腕が上がらない方は、腕の筋肉が内に捻じられていることが多いです。
実際に腕を内に捻じりながら横から腕を上げてみて下さい。
体の構造上、肩の可動域が狭まる為、腕が上がり辛くなります。
腕のねじれを改善せずに、腕は上がりません。

理由② 肩周り周辺の筋肉にアプローチ!

整体 イラスト:体のゆがみ


肩周辺は、胸側から肩、背中側から肩についている筋肉があります。
更に肩甲骨の可動域に関わる筋肉、肋骨の動きを制限する筋肉もあります。
複数の筋肉の弾力性が失われ、痛みが出ていますので、全てにアプローチします。

理由③ 肩関節の中にアプローチ!

整体 イラスト:体のゆがみ


肩周辺の筋肉にアプローチをしても、奥まで変えることは難しいです。
関節の奥の筋肉や筋膜にアプローチすることで、関節の動きが滑らかになります。
強い痛みが出ない範囲で施術をし、可動域を増やしていきます。

理由④ 日常生活の原因を見つけます!

整体 イラスト:体のゆがみ


肩関節周辺の筋肉を緊張させる大元の原因は、日常生活にあります。
原因は、肘が体の横から離れた姿勢、スマホ、腕組み、肘をつくなど様々です。
日常生活の原因を知り、変えるだけでも、痛みが変わる実感がありますので、原因が分かり喜ばれる方が多いです。

理由⑤ 原因に合わせた体操をお伝えします!

整体 イラスト:体のゆがみ


自分で体操ができると体の状態、痛みの状態が変わりやすいです。
その方の痛みの部位、体の状態によって、お伝えする体操は異なります。
肩が辛い方には、その方が出来る範囲の体操(腕を揺らす、脇のストレッチ)などを伝えることが多いです。

 

 

当院の特徴

特徴① グイグイ押さない整体

整体 イラスト:体のゆがみ


グイグイ押すようなマッサージとをすることはしません。
片方の指で筋肉(筋繊維)を押さえて、片方で体をゆらします。
筋繊維と筋繊維をバラバラに動かすことができ、筋肉の緊張が変わります。
(深くまで指を入れながら施術をする場合もあります。)

特徴② 辛くない姿勢での施術!

整体 イラスト:体のゆがみ


来院された方の辛い姿勢(例えば、うつ伏せ)を避けて、施術をしていきます。
うつ伏せが辛い方は仰向けの姿勢で、仰向けが辛い方は、横向きや座位で、起き上がるのが辛い方には、座位で施術をします。
辛くない姿勢で施術をするのが当院の特徴の1つです。

特徴③ 体全体の状態をみます!

整体 イラスト:体のゆがみ


痛い部位のみにアプローチすることはありません。
痛い部位自体の筋肉が固まっている場合は、そこにもアプローチしますが、痛い部位に影響している部位を見極めながら施術をしていきます。
例えば、腰痛の方は、股関節の位置や太もものねじれにもアプローチします。


【症例】 肩痛でお困りのHさん(30代 男性)



坐骨神経痛が楽になり、月1回目のメンテナンスをしていたHさん。

幼稚園のお父さんリレーの練習中に飛び出してきた子供を避ける為に、
飛んで受身をしたが、衝撃を吸収できず、左鎖骨骨折。

それから1ヵ月、三角巾で左腕を吊るしていた結果、
三角巾を外して腕を動かそうと思っても手が90度までしか上がらない

【症状】
前から上げる: 90度で首から方にかけて痛みが走ります。
横から上げる: 90度で首から方にかけて痛みが走ります。


【施術】
お医者さんからは、まだあまり動かさないでという指示があったが、
このままで固まっていくばかりなので、鎖骨周りを避けて施術。

三角筋を外に広げ、肩甲骨周り、胸の筋肉に
アプローチした所、
前から上げる動きが、90度⇒135度まで改善!
横から上げる動きが、90度⇒135度まで改善!


一番、影響があったのは、胸の筋肉でした。

【2回目の施術】
1週間後に来院。
「施術の次の日、肩が痛くなったけど、その後、めっちゃ楽になり、
動かせる様になりました。」
笑顔のHさん

「使っていない可動域まで動かせる様にしたので、
ある意味、筋肉痛になるので、その痛みは仕方がないですね。」私

肩にアプローチすると、少しだけ可動域が改善。
胸と肩甲骨周りにアプローチし、胸を広げる方向に
動きをつけると、
前から上げる: 135度⇒160度⇒170度と改善!

横から上げる動きは、肩甲骨の下にアプローチすると、
135度⇒170度まで改善!

「お~、自分でも変化が分かる~」と笑顔のHさん

「ここまで変化が出ると、施術している私も嬉しいです。」私

Hさん、早い時期に施術を受けて良かったですね。
固定されていた期間が長ければ長い程、改善には時間が掛かりますので。
このまま、一気に普通の状態にまで改善しましょう!


四十肩、五十肩の豆知識


◆四十肩、五十肩の原因

「腕を上げると肩周辺が痛い。」「服の脱ぎ着で肩周辺が痛い。」など
肩周辺に痛みがあると四十肩、五十肩と言われています。

基本は、肩周辺や腕の筋肉に負担を掛け続けて、筋肉の弾力性を失った結果です。

<関係する筋肉>
・胸や鎖骨から腕に繋がる筋肉
・肩甲骨から腕に繋がる筋肉
・腕の筋肉

筋肉自体の弾力性の他に、腕の筋肉に内捻じりの癖がついていると、腕は上がりにくくなります。
試しに腕を内に捻じって、腕を横から上げようとすると途中で止まると思います。

肩の構造上、内捻じりの癖があると、腕を横から上げることは難しいです。


◆症状

・手を前から上げられない
・手を横から上げられない
・腰の横に手を持っていけない
・背中に手の甲を付けられない
・髪の毛をしばれない
・手を伸ばすと強い痛みが走る
・寝てても腕の置き場がない
・後ろの物を取るのが辛い
・服の脱ぎ着 など


◆日常生活の原因

肘が体の横から離れている姿勢や動作
 特に肘をつく、手をつく、スマホや箱を持ち続ける、何かを支え続ける

腕を内に捻じり続ける姿勢や動作
 パソコン、腕組、お腹の前に手を組んで寝るなど

・肩より手を上げての作業
 高い所の拭き掃除、電球交換など

・腕に力を入れる動作
 杖をつく、イスから立ち上がる時に腕に力を入れる、拭き掃除


◆余計に悪くすること

肩や腕の後ろが痛いので、逆の手でマッサージする方がいます。

マッサージする時に手が届かない為、痛い方の腕を内に入れていると思います。
マッサージをすると少しは楽になると感じるかもしれませんが、腕を内に捻じっているのと、肩を前に入れている為、自分でマッサージをすればするほど、実は悪循環となります。

実際に当院に来られている方でも施術後は、変化が出るのですが、来る度に腕が上がらなくなった方がいました。

施術で楽になるので、自分でもと思い、頑張った結果、どんどん悪くなる・・・ということがありました。

とりあず、日常生活の原因を減らし、あとは痛くない範囲で動かす(ブランブランと手の平を振るなど)ことが良いです。

当院の症状別ページ


頭痛
ページ
首痛、肩こり
ページ
ストレート
ネック
腕、肩の痛み
ページ
腰痛
ページ
足のシビレ
足の痛み
股関節痛
ページ
膝痛
ページ


症状別一覧に戻る

 

 

料金案内

料金

受付時間