太田市で腰痛、足のシビレでお困りならお任せ下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田 整体 4コマ

第18回:膝に水が溜まる

整体 イラスト:ひざの構造











 

1: 膝の構造

整体 イラスト:膝に水が溜まる?


よく「膝に水が溜まったので抜いて貰いました!」という声を耳にしますが、

「なぜ膝に水が溜まるの?」
「どこから水は来るの?」
「注射で水を抜くと良くなるの?」

と思った事はないですか?






まずは膝の構造について簡単に説明します。
 


整体 イラスト:膝の構造



膝関節はイラストのように、

・太ももの骨とすねの骨を結ぶ靭帯
・クッションの役割をする軟骨と半月板
・その周りを包む関節包
・関節包の内側にある滑膜
・滑膜の内側を満たしている滑液

があります。

この滑液がよく「膝に水が溜まる」といった時の
水と表現されるものです。

2: なぜ、膝に水(滑液)が溜まるの?


 


整体 イラスト:水がたまる







元々、膝に水(滑液)はあるのですが、
通常より滑液が溜まる理由は、ほとんどが『炎症』です。

滑液は滑膜によって作られていますが、
炎症が滑膜を刺激すると滑液の量が増えます。

更に炎症時は滑膜がむくんでしまい、滑液の吸収する能力が低下します。

すると、いつもより膝に水が溜まって行きます。

 

3: 膝の水は抜いた方が良い?


 


 


お医者さんでは通常、膝の水(滑液)を注射で抜いて対応します。

それでも溜まる場合は炎症を抑える薬を注射して
炎症を抑えようとします。

水を抜く事で、水が溜まらなくなる方もいますし、
膝を曲げやすくなる方もいますので、
一概に否定はしませんが、

根本原因の解決にはなりません。

水を抜いても注射をしても水が溜まってしまう方は、
根本的に炎症の原因を無くす必要があります。
 

4: 水が溜まった時の対応


 



水が溜まる原因は、膝の炎症です。
そして、炎症が起きるのは、膝に負担を掛け過ぎている証拠です。

ですから、膝の負担を減らすことが、根本的な解決になります。

膝への負担でよく言われるのが、

・体重が重い
・筋肉不足
・体のゆがみ


です。

どの負担が一番大きいかと言うと、
恐らく体のゆがみだと思います。
(個人的な意見です。)

なので、これ以上ゆがみを大きくしない為にも まずは生活習慣を見直しましょう。

 

<立ち方>
①立つ時、歩く時は、出来るだけ背筋を伸ばすようにしましょう。 
猫背で立つと、膝は軽く曲がる為、常に膝に負担が掛かります。

②極端な小指側体重は避けましょう。 
小指側体重は外にバランスを崩しやすい為、 
膝に外側の力が働きます。 
(膝は横には曲がらない為、大きな負担となります)

③内股で立つのは避けましょう。 
内股は小指側体重になりやすい為、②と同じ負担になります。

 

整体 イラスト:クッションを下に


<座り方>
①あぐら、横座り、ペタンコ座り(女の子座り)は避けましょう。 

横方向への力が膝に加わるので、
膝に大きな負担が掛かります。 

足を伸ばして膝の下にクッション入れるか、
椅子に座るのが良いです。


 

整体 イラスト:クッションを下に


<自己療法>
①足を伸ばして、手でお皿を掴み、
上下10回、左右10回動かしましょう。 

お皿周りの筋肉がゆるんで来ます。


②足を伸ばした状態で、膝の下にバスタオルを丸めて入れ、 踵を支点につま先を左右に10~20回揺らします。 

膝裏の筋肉や足全体の筋肉が
ゆるんで来ます。


改善できる項目が多ければ、それだけ負担は減ります。
まずは実践して見て下さい。

(変わらない方は、整体できっちりゆがみを整えましょう!)

5: 本日の なぞかけ!



「 膝に水が溜まる とかけまして 
  乾燥時期の木造建築の火事 と解きます」




その心は!



★ 「どちらも  "炎症(延焼)の恐れがある" でしょう。」




では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!