太田市で腰痛、足のシビレでお困りならお任せ下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田 整体 4コマ

第87回:ふくらはぎの負担の減らし方

1: ガチガチ

整体 イラスト:体のゆがみ

ふくらはぎが張ると
立っているのも歩くのも
階段の昇り降りも辛いですよね。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれる程、
重要な部位です。

ふくらはぎがガチガチになれば、
足先から心臓に行くまでの血液、リンパ液の
循環も悪くなります。

循環が悪くなれば、身体の他の部位にも
影響を及ぼします。

今回はふくらはぎの負担の減らし方に
ついてご紹介します。

2: ふくらはぎが張る姿勢

整体 イラスト:体のゆがみ

筋肉が張る(緊張)というのは、
大きく分けて2種類あります。

①力を入れて縮めている状態
②引っ張られている状態

まず①をふくらはぎに
当てはめていきましょう。

・つま先立ち
(遠い所、高い所に手を伸ばしている時など)

・イスに座って、足を引いている状態
(足首が90度以上、曲がっていない状態)

・イスに座って、かかとを浮かしている状態
(ももの上で書き物をする時など)


②の目安は足首が90度より曲がっている状態です。

・立位
・前屈み、中腰
・下の物をとる
・歩く、走る
・イスに座って、足を引いている状態
(足首が90度以上、曲がっている状態)
・しゃがみ姿勢
など
<イス>
・足を引いている状態

3: 特に張る姿勢

整体 イラスト:骨盤のゆがみ

筋肉は同じ動きを繰り返すよりも
同じ姿勢を保つときの方が負担となります。

ご自身の日常生活の中で、
10分以上し続けている姿勢が
ないか確認してみて下さい。

1.膝の裏を伸ばした状態で立ち続ける
 (片足重心で行っている人が多いです。)

 ・立ち仕事、台所、立ち話など

2.前屈みや中腰での作業

3.イスに座って足を引いた状態
 (膝を90度より曲げた状態)

4.しゃがみ続ける

4: 負担の減らし方

整体 イラスト:腕組

1.立ち姿勢
 ・膝を少し曲げた状態が良いです。
 ・やり方は、膝を一度曲げ、少しずつ伸ばし、
  伸ばしきる前に止めます。

2.前屈み、中腰
 ・かかとの方に重心をかける
 ・両足の位置を5~10分毎に変える
  ・両足が揃った状態
  ・右足前、左足前
  ・つま先の角度を変える

3.イスの座り方
 ・膝を90度より伸ばす。
  又はあぐらっぽく、足を交差させる
 
4.しゃがむ
 ・膝を地面に付けられる場合は、付ける
 ・付ける足を5~10分毎に替える
 ・地面に膝を付けられない場合は、
 どちらかの膝を少し高くする

特にやって欲しいのが、かかと重心です。
つま先の方に重心を掛けた場合と
かかとに重心をかけた場合は、
ふくらはぎの張りの違いが分かると思います。

是非、ご自身でふくらはぎに負担を
掛けている姿勢を見つけ、
改善してみて下さい。


コラム一覧に戻る

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!