太田市で腰痛、足のシビレでお困りならお任せ下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

毎月更新!太田 整体 4コマ

第91回:腰を痛める歩き方をしてませんか?

1: 長く歩くと腰が痛い・・・

整体 イラスト:体のゆがみ

当院に通院している60代 女性。

女性「この頃、歩いていると段々腰が辛くなってきて、
  20分経つと腰が痛いんですよね。」

私「もしかして、腰を反らせて歩いていませんか?」

女性「体操教室で良いと言われた歩き方をしているんですけど、
  確かに腰を反らしいます。」

私「その歩き方は腰を痛めるから
 絶対にやめた方が良いですね。」

女性「やっぱり・・・。 この歩き方をしてから調子が悪いのよね。」

私「もう一度、歩き方を見直しましょうね。」


2: 体操教室の歩き方指導

整体 イラスト:体のゆがみ

・胸を張って、腰を反らす
・顔は正面を向く
・膝を伸ばして、かかとから着地
・腕を大きく振って、大股で歩く
・地面を蹴る


色々な所でよく指導されている歩き方ですね。
テレビでも雑誌でもどこでも見かけます。

見た目もよく、力を入れて歩いたほうが、
筋力も付いて良いと感じるようです。

でも、腰を反らせて歩いて、
腰を痛めている方は多いですよね。


3: 腰を痛める要因

整体 イラスト:体のゆがみ

要因① 腰を反らす

腰を反らすということは、
腰の筋肉を緊張させ続けるという事です。

緊張し続ければ、その筋肉は硬くなり、
痛みとなります。

反り腰となり、仰向けに寝ても、
腰が浮いている状態になります。


要因② 膝を伸ばしてかかとから着地

膝を伸ばして歩くと、着地の際の衝撃を
膝で吸収できません。
吸収できない衝撃をどこで受けるかで痛める場所が変わります。
膝、股関節、腰・・・。


要因③ 大股で歩く

大股で歩くと、足、お尻、腰に力が入るのと、
更に腰を反らしてしまいます。

ふくらはぎ、もも、お尻がパンパンとなり、
腰もどんどん辛くなります。

ふくらはぎがパンパンになり、
歩くと足がシビレている人もいました。


4: 腰の負担を減らす歩き方

整体 イラスト:腕組

腰が曲がってきた高齢者の方を除くと、
ほとんどの方は腰を反らせています。

歩き姿勢を意識している方は、
基本的に腰を反らせ過ぎています。

逆に何も考えないと、
お腹を前に出して、腰が反っている状態で立ちます。

また、歩くときに足から出そうとすると
自然に腰が反ります。

では、どうすればよいのでしょうか?


私が来られる方に伝えているのは、
お腹が痛い姿勢です。

お腹をくだしている時など、
膝が少し曲がり、腰が少し引けた状態になりますよね。

あれを少しだけ行います。
すると、腰を反らさない姿勢ができます。

次に深呼吸をして、肋骨を少し持ち上げます。

その状態が出来たら、膝は伸ばし切らないように注意しながら、
腰が押されるように歩きます。

すり足気味になりますが、腰への負担は
驚くほど、減ります。

是非、試してみて下さい。



コラム一覧に戻る

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!