太田市で腰痛、足のシビレでお困りならお任せ下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田 整体 4コマ

第80回:椎間板ヘルニア?坐骨神経痛?

1: 先生の言葉

整体 イラスト:体のゆがみ

足のしびれで整形外科さんに行くと、
レントゲンを撮った後に、
大体、次のどれかを言われます。


「坐骨神経痛ですね。」
「椎間板ヘルニアですね。」
「椎間板ヘルニアっぽいですね。」
「脊柱管狭窄症ですね。」
「骨と骨の間が狭いですね。」


先生の説明不足が原因なのですが、
分かるようで分からないですよね。


今回は先生の言葉の意味を
説明していきます。

2: 状態と症状名

整体 イラスト:側屈

「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」


どれも同じような状態(足のしびれ、痛み)
の時に整形外科の先生に言われますが、


「坐骨神経痛」は、『症状』を表しており、
その他は『状態』を表しています。


●坐骨神経痛
神経痛により足にシビレや痛みの
症状がある場合は、坐骨神経痛です。


●椎間板ヘルニア
骨と骨の間のクッション(椎間板)の
中身が飛び出した状態です。
(足のしびれの原因かどうかは別問題。)


●脊柱管狭窄症
背骨の中の神経の通り道(脊柱管)が
狭くなている状態です。
(足のしびれの原因かどうかは別問題。)


この違いが分かるだけでも、
少し理解が深まります。

3: 「坐骨神経痛ですね」

整体 イラスト:骨盤のゆがみ

先生の言葉を分かりやすく
置き換えてみましょう。


「坐骨神経痛ですね。」⇒
「どこかで坐骨神経を圧迫している為、
 足がしびれてますね。」


「椎間板ヘルニアですね。」⇒
「椎間板の中身が飛び出していますので、
 これが坐骨神経を圧迫して足がしびれていますね。」


(但し、レントゲンでは椎間板ヘルニアは写らない為、
 レントゲンの場合は推測でしかありません。)


「脊柱管狭窄症ですね。」⇒
「神経の通り道が狭くなっていますので、
 これが坐骨神経を圧迫して足がしびれていますね。」


「骨と骨の間が狭いですね。」⇒
「骨と骨の間が狭いので、椎間板の中身が
 飛び出ている可能性があります。
 これが坐骨神経を圧迫して足がしびれていますね。」


次のような言い方でも、聞いている方に
とっては少し分かりやすくなりますね。
「原因は分かりませんが、坐骨神経痛ですね。」
「椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛ですね。」
「脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛ですね。」

4: 椎間板ヘルニアの色々

整体 イラスト:腕組

但し、整形外科の先生が言いきったとしても、
本当の原因かどうかは別です・・・。


椎間板ヘルニア=足のしびれの原因
ではありません。


MRIで椎間板ヘルニアと診断されても
椎間板の中身が飛び出ているだけで、
神経を圧迫しているかどうかは別問題です。


椎間板ヘルニアでも4パターンあります。


①椎間板ヘルニアだけど、
 足がしびれていない人


②椎間板ヘルニアだけど、
 別原因で足がしびれている人


③椎間板ヘルニアで、
 それが原因で足がしびれている人


④椎間板ヘルニアで
 それが原因で足がしびれているが、
 その他の原因でも足がしびれている人


「椎間板ヘルニアですね。」と言われると、
皆さんは③だと信じると思います。


しかし、レントゲンは論外ですが、
MRIで判断しても実際に③かどうかは分かりません。


「手術をしてもしびれは変わりません。」
「手術をしてしびれが変わるのは5割です。」
という言葉をネットで見たり、
耳にした人もいると思います。


それは、椎間板ヘルニア以外の原因でも
足がしびれているからです。


私は当院に来られる方が
「MRIを撮って椎間板ヘルニアと言われたんですけど・・。」
とおっしゃっても、その言葉を鵜呑みにすることは
ありません。


実際に椎間板ヘルニアだけが原因の方は
半分にも満たないからです。


コラム一覧に戻る

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!