太田市で腰痛、足のシビレでお困りならお任せ下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田 整体 4コマ

第48回:女性のイスの座り方

1: 女性の座り方

整体 イラスト:弓反り姿勢の改善

女性の皆さん。

会社のイスや食卓のイスで
このような座り方をしていませんか?

「膝と膝と合わせる」
「足を引いて、かかとを浮かせる」

この座り方、お尻と腰に
大分、負担を掛けていますよ。

なぜ負担が掛かるのか
どうすれば良いのか
説明していきます。

2: 膝と膝を合わせる

整体 イラスト:弓反り姿勢の改善


膝と膝を合わせた状態は、
太ももが内に捻じられている状態です。

太ももが内に捻じられると
お尻が引っ張られる為、
腰にも負担が掛かります。


ですから、
膝と膝の間を開くことで
腰の負担を減らすことが
できます。

開く幅の最低ラインは
お尻の幅です。

そして、足裏と足裏の幅は
膝と膝の幅よりも狭くするか
同じ幅にして下さい。

ポイントは、太ももを
内に捻じらないことです。

3: かかとを浮かせる

整体 イラスト:反り腰の改善

足を椅子の下に引いて、
かかとを浮かせた状態は、
色々な箇所に力が入っています。

かかとを浮かせている為、
ふくらはぎは縮み、ガチガチ状態です。

太ももを少し上げた状態の為、
太ももと腸腰筋(太ももを上げる筋肉)に
力が入ります。

腸腰筋が硬くなると、
立ち上がる時に、
腰とお尻に負担を掛けます。


ですから、膝を90度以上、
伸ばして下さい。

もし、イスが高い場合は、
足下に雑誌や段ボールを置いて
足下を高くすると良いです。

かかとを浮かせることは、
足組よりも腰に負担を
掛けていますので、
是非、避けましょう!

4: 立ち上がり方、座り方

整体 イラスト:反り腰の改善

膝と膝を合わせて座っている女性は、
立ち上がる時、座る時も
膝と膝を合わせています。

この時もやはり太ももが内に
捻じられている為、
腰に負担を掛けています。


よって、足先を開いて
つま先と膝の向きを合わせて、
四股を踏むように立ち上がる、
又は座ると腰が楽です。


当院に来院される女性の方には、
「是非、男らしく立ち上がって下さい。」
と伝えています。

皆、笑いますが・・・。


腰の負担は減りますので、
スカート以外の時は
是非、やってみて下さいね。



では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!