太田市で腰痛、足のシビレでお困りならお任せ下さい。

お電話でのご予約・お問合せ

日常生活 改善コラム

営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田 整体 4コマ

第14回:お風呂の真実!

整体 イラスト:お風呂の真実!













 

1: お風呂は良い?

 


整体 イラスト:危険を伴う入浴


皆さん、お風呂にどのような
イメージがありますか?

リラックス出来て、疲れが取れる~♫
という方が多いのではないかと思います。


でも、入り方によって疲労が取れ辛かったり逆に危険を伴ったりするのは
ご存知ですか?


実は、単純にお風呂に入れば良い
という訳ではないのです。


健康の為にも、お風呂の入り方は大切ですから、
参考にしてみて下さい。
 

2: リラックス出来る温度


 


整体 イラスト:リラックスできる温度


お風呂に入ると気持ち的にはリラックスするかもしれませんが、 体的にはリラックス出来ていない場合があります。

リラックスが出来るか出来ないかの差は
『湯船の温度』で決まります。

湯船の温度が

42~44℃で、体の緊張が強くなり、
38~41℃で、体はリラックス

できます。

これは自律神経という自分の意志では
どうすることも出来ない神経が関係していますので、
熱いお風呂が好きだから、私は熱くてもリラックス出来る!
と言う事にはなりません。


熱いお風呂で体を温めるのが好き~という方は、
疲れが取れていない事が多いので注意して下さい。

3: 危険な温度


 


整体 イラスト:42度以上のお風呂に入る危険性


血圧の観点から見ると、42℃以上のお風呂は危険を伴います。

42℃以上の湯船に入ると、 次のような事が起きます。 (下記は『ためしてガッテン』からの抜粋です)

①湯船に入った直後、体が熱さにびっくりして末梢の血管が収縮します。

②血管の収縮に伴い血圧が上がります。(これが引き金となり、脳卒中や心筋梗塞が起こることもあります。)

③血圧は上がった後、今度は下がり始めます。 実験では8分後まで血圧は下がり続けます。

④血圧が下がり過ぎると、脳に血液が行きにくくなります。 意識障害(失神)が起こる可能性が高くなります。


「気持ちよくて風呂で寝てしまった」というのは、以上のことが原因という場合もあります。 意識障害(失神)による溺死が1年間に1万人とも考えられていますので、
今日から、41℃以下の湯船に入る事を強くお勧めします。

4: 疲労回復の入力法


では、一番良い入浴の仕方を・・・と思いきや

目的によって若干、入浴方法が変わります。
(下記は『お風呂の達人 バスクリン社員が教える究極の入浴術』からの抜粋です。)
 


整体 イラスト:オススメの温度


【疲労回復の入浴法】
・全身浴、
お湯の温度…40℃、
入浴時間…15分

【肩こりに効く入浴法】
・全身浴、
お湯の温度…41℃、
入浴時間…10分

【免疫力をアップさせる入浴法】
・全身浴、
お湯の温度…40℃、
入浴時間…20分
※風呂上り後30分は体を冷やさない、
 上がった体温が下がるのをゆっくり待つ


ちなみに当院では、来院された方に40℃の15分をお勧めしています。

来院された方が実際に40℃の15分の入浴を行った所、
お風呂から出た後も体のポッカポッカが長続きし、
疲れも取れやすかったそうです。

冷えにも効果が期待できますね。

是非、41℃以下の入浴で心身共にリラックスし、
疲れを次の日まで残さないようにしましょう!

 

5: 本日の なぞかけ!



「 お風呂の石鹸 とかけまして 
  人魚の恋と 解きます」




その心は!



★ 「どちらも "泡となって消える"でしょう。」



では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!