からだ回復センター

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!

院長が体の悩み・ギモンに応えます!

当院の営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田市の整体院 4コマ

 

 

第69回:車の運転姿勢

1: 腰が辛い

運転をしていると腰が辛い方、
多いですよね。

どういう姿勢が良いのか分からず、
クッションを腰に当ててみたり
試行錯誤していると思います。

今回は、当院でお勧めしている
運転中の姿勢、シートの位置などを
まとめてみました。

少しでも運転中の負担を
減らせると嬉しいです。

2: シートの調整



整体 イラスト:あぐらって


●背もたれの角度

『一番立てた状態から2段階、倒した角度』
(圧迫感が強い場合は、徐々に立てて下さい。)


●シートの位置

『ブレーキを踏んでも、両腰がシートから離れない位置』

『ブレーキを踏んでも膝が曲がっている位置』


背もたれの角度とシートの位置を調整することで、
ブレーキを踏む時に背もたれがストッパーになります。

逆に腰が背もたれに付いていない場合は、
お尻や腰に力が入り、負担となります。

整体 イラスト:あぐらって


●肘掛け

『上げて下さい。』

肘掛けを使うと上半身が左に偏り、
体重も左に乗ります。


3: 体の使い方

●ハンドルを持つ位置

『ハンドルの横から下の範囲を持って下さい』

ハンドルの上の方を持つと、肩が上がり、
肩こりになりやすいです。

整体 イラスト:あぐらって


●ペダルを踏む足

『ペダルを踏む時、かかとを付けて下さい』

そんな、まさか・・・と思う方も多い
かもしれませんが、女性の方でかかとを
浮かせてペダルを踏んでいる方がいます。

かかとを浮かしている姿勢は、太もも、
お尻、お腹の奥の筋肉に負担を掛けています。


●乗り込む時

『乗り込んだ時に、座り直して下さい』

乗り込む時に、左お尻から着く為、
左お尻体重になりやすいです。

整体 イラスト:あぐらって


●姿勢

『背もたれに腰を当て、息を吸って肋骨を少し上げて下さい』

どうしても猫背になってしまうと
腰に負担が掛かります。

しっかり腰を当てた状態で、肋骨を少し上げると
腰に力を入れずに猫背の姿勢を避ける事ができます。

逆に腰に力を入れて背筋を伸ばすと
腰を痛めます。


●足

『両足共、なるべく膝を外に向けて下さい』

膝が内に向いていると、太もも、お尻、腰に
負担が掛かります。

●お財布

『ポケットに入れないで下さい』

左右均等に体重が乗らないのと、
お財布によって、お尻が圧迫されます。

早速、試して下さいね~。


では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

 

 

 

 

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!