からだ回復センター

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!

院長が体の悩み・ギモンに応えます!

当院の営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田市の整体院 4コマ

 

 

第42回:床での座り方

1: 座り方





整体 イラスト:立ち方



家の床に座る時、
皆さん、どのような座り方を
していますか?

女性は、横座り、ぺたんこ座りが
多いのではないでしょうか?

男性は、あぐらが多いですね。

座ると腰が痛い方は、
正座をしていますね。

どの姿勢が一番、腰の負担が
少ないかと言うと、正座です。
(横座り、ぺたんこ座りは
今日から避けましょう!)

と言っても、正座で10分も
座れないですよね。

では、どうすれば良いのか。

骨盤と膝の関係を知ると、
座り方が見えてきます。



2: 骨盤と膝の関係

整体 イラスト:弓反り姿勢の改善



体育座りをすると、
背中が丸くなります。

これは、
膝の位置が、骨盤より高くなり、
骨盤が後ろに倒れるからです。

逆に正座をすると、
背骨をまっすぐにしやすくなります。

これは、
膝の位置が骨盤より低くなり、
骨盤が前に倒れやすいからです。

このように、   
膝の位置が低ければ、低いほど、
骨盤は前に倒れやすく、
良い姿勢がしやすくなります。









3: あぐらの2つのポイント

整体 イラスト:反り腰の改善



膝と骨盤の関係を
あぐらに置き換えて
みましょう。

あぐらは、
股関節の固さにもよりますが、
膝と骨盤の位置が同じ高さに
あります。

ということは、
あぐらは、正座より、
骨盤は後ろに倒れますので、
若干猫背になりやすくなります。

しかし、あぐらも下記2点を
行う事で腰の負担をぐっと
減らす事ができます。

①お尻の下にクッションを入れる

②足を重ねない


クッションは髙ければ高いほど、
骨盤は前に倒れやすく、
腰の負担を減らすことが出来ます。

当院では、正座か
お尻の下にクッションを
入れたあぐらを薦めています。

普段の姿勢から腰の負担を
減らしましょうね~!





4: 本日の なぞかけ!



 腰へ負担をかける床の座り方 と掛けまして 
「 人の気持ちをないがしろにする 」   と解きます




その心は!



★ どちらも 「意識なくあぐらをかいている」 でしょう



では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

 

 

 

 

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!