からだ回復センター

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!

院長が体の悩み・ギモンに応えます!

当院の営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田市の整体院 4コマ

 

 

第41回:腰の負担を減らす立ち方

1: 立ち方





整体 イラスト:立ち方



こんな立ち方をしていませんか?

男性やハイヒールを履く女性に多い
「お腹を前に出した、弓反り姿勢」。

良い姿勢の意識が強い
「腰に力を入れた反り腰」。

弓反り姿勢は、足裏の真上に
骨盤が無い為、上半身の重みを
支えるのに腰に負担が掛かります。

反り腰の姿勢は、腰に力を入れて
立っている為、腰の筋肉は常に
緊張状態です。

どちらも腰が
辛そうですよね。

では、どのように立てば
腰の負担が減るのか、
当院で伝えている立ち方を
ご紹介します。

2: ◆弓反り姿勢の改善

整体 イラスト:弓反り姿勢の改善



①お尻を後ろに少し出します。

くの字で立っているように
感じられる方が多いですが、

横から見ると、足裏の上に
骨盤が乗ります。

   
②肋骨を少し上げます。

上半身を支える大切な筋肉が
使われ、腰の負担が減ります。

膝裏に力が入っていると、
太ももの裏、お尻に力が入り、
腰にも自然に力が入ってしまいます。

膝裏をゆるめることで、
余計な力が抜けます。

足裏全体に体重が乗るように
感じられます。

<効果>
・足を踏ん張らなくなります。
・上半身がぶれなくなります。







3: 弓反り姿勢の改善

整体 イラスト:反り腰の改善



反り腰の方は、腰を縮める
癖がついている為、
骨盤が前に傾き過ぎています。

この骨盤を後傾に戻すのに
少しコツが必要です。

<やり方1>
膝を曲げながら、
両手で骨盤を少し後ろに倒す

<やり方2>
膝を曲げながら、
肛門をつま先に向けてから、
徐々に戻していき、
いつもよりも少し前に向けて止める。
   
イメージしやすい方、
やりやすい方で、
試してみて下さい。

姿勢は意識で
変わって行きますから、
継続して下さいね~。




4: 本日の なぞかけ!



 腰が辛い時の対処方 と掛けまして 
「 不必要にある料理器具を片付ける一つの方法 」   と解きます




その心は!



★ どちらも 「負担を減らす(フタを減らす)必要がある」 でしょう



では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

 

 

 

 

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!