からだ回復センター

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!

院長が体の悩み・ギモンに応えます!

当院の営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田市の整体院 4コマ

 

 

第23回:運転すると、腰が・・・。

整体 イラスト:運転すると腰が




1: 運転中に掛かる負担

整体 イラスト:運転中の負担



運転すると、腰が痛くて・・・。
という方、多くないですか?

それもそのはず。

運転中は、家の椅子に座っている時よりも
負担が多いですから。

運転中ではどういう負担があるのか
整理してみると、

 ① 加速、減速
 ② 左折、右折時のG
 ③ 縦の振動
 ④ ゆがんだ姿勢
 ⑤ アクセルやブレーキを踏む時の  
    足と腰の緊張


大まかにこの5つの負担があります。


これらの負担を出来るだけ減らすことで、
運転中の腰の痛みも軽減されます。
 

2: 安全運転が良い?


①~③は運転の仕方を気を付ける事で、
④と⑤はゆがみの整った姿勢で運転する事で、 腰の負担は減ります。

①加速、減速
 急加速、急減速をなるべく避けましょう。
 安全運転にもなって、一石二鳥です。

②左折、右折時のG
 左折、右折する時は、20km/h以下まで
 速度を落としましょう。
 (教習所で20km/h以下と習った気がするので・・・)

③縦の振動
 ガタガタ道は、なるべくスピードを落としましょう。  

という事で、皆さんがよく知っている
安全運転をする事で腰の負担は減ります。

簡単に出来そうで、私自身も出来ていません・・・。
皆さんも、もう一度初心者の時に戻りましょう!

 

3: 運転中の姿勢



整体 イラスト:こんな姿勢してませんか?



特に男性に多いですが、
こんな姿勢をしていませんか?

右手でハンドルの上を持って、左肘は肘掛に。
そして、左お尻体重で腰を浮かせながら
右足を伸ばしてアクセルを踏む。

格好良いのですが、体は大分、ゆがんでます。
これだけゆがんでいれば、痛くなりますよね。

女性はここまで歪んでいる方は少ないですが、
猫背になってシートと腰が離れている方、
居ませんか?


シートと腰が離れているだけでも
アクセルやブレーキを踏む時に 腰に
余計な緊張が入ってしまいます。

腰にクッションを当てている方も居ますが、
効果は少ないように思われます。

では、どういう姿勢が良いのでしょうか?


4: 負担の掛かりにくい運転姿勢

整体 イラスト:負担のかかりにくい運転姿勢



①アクセルやブレーキを踏んでも
 腰がシートから離れない位置まで
 シートを近づけます。
 (アクセルやブレーキを踏んでも、  腰に余計な緊張が入りません。)

②ハンドルの下を持ちます。
 (肩こり防止になります。)

③胸(鎖骨部)よりも肩が前に出ないように
 シートを90度に近づけます。
 (肩こりや猫背防止になります。)

④深呼吸をするように肋骨を少し持ち上げます。
 (お腹の筋肉が使われる為、腰の負担が減ります。)

優等生みたいで逆に格好悪いと思われる方もいますが、
この姿勢は、腰だけでなく肩や背中の負担も減ります。

体に痛みがある方、運転で疲れやすい方は、
是非、試して下さい。

運転が楽になりますよ~。
 

5: 本日の なぞかけ!



「 体の痛みを軽減する運転方法  と掛けまして 
  繁忙期の会社勤務の心得   と解きます」




その心は!



★ 「どちらも  "急加速(休暇、即)は禁物" でしょう。」



では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

 

 

 

 

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!