からだ回復センター

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!

院長が体の悩み・ギモンに応えます!

当院の営業時間

営業時間
9:00~
        13:00
14:30~
        19:00
19:00~
        21:00

毎月更新!太田市の整体院 4コマ

 

 

第13回:痛みがある時は体を動かした方が良い?

整体 イラスト:痛みがあるときは身体を動かしら方が良い?













 

1: 痛い時はどうすれば良い?

 


整体 イラスト:痛み


「痛い時って、無理にでも体を
動かした方が良いですか?
その方が良くなる気がするのですが・・・。」

これも良くある質問の一つですね。
確かに動かすことで血行が良くなり、
痛みが無くなるという考え方もあります。

ブロック注射でも似たような事を
聞いた事があります。

ブロック注射を打つ事で痛くて動かせなかった箇所が動かせるようになり、
結果的に血行が改善し、痛みが無くなる。
(あくまでも考え方の一つです。)

痛みの原因は筋肉の緊張による血行不良ですから、
血行が改善されれば痛みは改善されます。

では、痛みを感じながら体を動かすとどうなるのでしょうか?

 

2: 無理に体を動かすと・・・


 


整体 イラスト:ムリに身体を動かすと


痛みを感じながら体を動かし続けると、

①  血行が良くなり痛みが改善される。
 (そのような方は、ほとんど居ません。)

② 炎症がおさまらず、どんどん痛みが
   強くなる。

③ 痛い部位を庇って動かす事で 
  変な動きが身につく。

④ 庇っている部位が痛くなる。

②~④が圧倒的に多いです。
切り傷を想像して下さい。傷口が広がるように体を動かしていれば、良くなるものも良くならないですよね。

ということで、痛みを感じながら動かす事は止めましょう!

 

3: 全く動かさない


 


整体 イラスト:じっと安静


「無理に動かす」の反対は、
「全く動かさずに安静にする。」です。

これは有効ですね。

安静にしている間に炎症が収まり、筋肉の疲労も取れ、痛みが無くなる場合があります。

打撲であったり、筋肉痛も放っておいても良くなりますよね。

それと同じです。



ただ、ずっと安静にしていると筋肉がどんどん弱まりますので、
2、3週間を目安に痛みが変化しない場合は、接骨院、整形外科、整体などに
行くことをお勧めします。

4: 動かさなければ行けない時は?


 


整体 イラスト:動かさなければいけない時は


安静に出来る場合は安静にして下さい。

しかし、動かさないと行けない場合は
出来る限り痛みの感じない範囲で
動かして下さい。

ダメージの受けている筋肉を安静にするのが最優先です。
更に痛みの無い範囲で筋肉を動かす事で、筋肉の緊張が解け、血行改善の効果も若干期待できます。

しかし、過度に期待しないで下さい。
安静にした時と同じような効果だと
思って下さい。

だからと言って、安静にする事を軽視し過ぎても行けません。

接骨院や整体に通っていても腰痛が改善しない方が、
風邪で会社を2、3日休んだ途端、腰痛が改善した
というケースはいくつもあります。

安静にするだけでも、体は良くなっていくのです。
それだけ自然治癒力は凄い!のです。

<まとめ>
痛い場合は、「安静にする」又は「痛みを感じない範囲で動かす。」
ようにして、まずは自然治癒力で改善することを信じて下さい。

それでも痛みがしばらく続く場合は、接骨院、整形外科、整体などで
症状の改善を目指しましょう!
 

5: 本日の なぞかけ!



「 痛いので身体を安静にする とかけまして 
  栄養と手をかけた果樹 と 解きます」




その心は!



★ 「どちらも "よくなる(実が良くなる→沢山付く)"でしょう!」



では また来月お会いしましょう!

コラム一覧に戻る

 

 

 

 

お電話でのご予約・お問合せ 0277-46-8407 当院に関するご質問は コチラからも是非!